トップページ

このエントリーをはてなブックマークに追加

千束通り商店街へようこそ。
浅草ひさご通りから言問通りを越え、旧吉原方面に向かう約1,200mに及ぶ商店街。 大正初期、千束田圃が埋め立てられ、ひさご通りに通じる三間道路が敷かれました。その後、昭和初期にはバスも通るようになり、遊郭・吉原への通い道として大層 賑わいました。 現在は染物、織物。和菓子。書画、珍品、飲食店、食料品店、骨董品。お茶、のりなどを扱う店、およそ160軒が軒を連ねています。


商店街の催し 
あじさい祭りと大売出し
開催日程:平成29年 6月17日(12:00~17:00)・18日(10:00~17:00)
開催場所:長國寺境内(千束3丁目19番6号)

全国から珍しいあじさいが集結した「あじさい図鑑」が楽しめる「いきいきあじさい祭」では、竹の吊り篭に入っているあじさいの即売も行われます。 期間中の会場では夏バテ予防の「薬膳きゅうり汁」の無料提供や夏バテを封じると言われる「ほうろく灸祈祷会」も行われています。
千束通り商店街もあじさい祭りに合わせて「福引大売出し」を開催しています。
浅草歳時記
お富士山の植木市
開催日時:6月24日(土)、25日(日)

浅間神社の例祭日は富士山山開きの日の7月1日であり、その縁日とされる植木市は5月と6月の最終土日の4日間に行われる。
植木市では350件以上の植木の露店が並び、初夏の風物詩として賑わいを興す。
昔から富士山に対する信仰は盛んで、全国各地に浅間神社の勧請や富士講の組織作りが行われ、富士山の山開きの旧暦6月1日には、富士詣りのできない人々が、各地元の浅間神社に参詣したと云われる。